FC2ブログ

WACホームページからの抜粋です

 

>> マレーシアのコタキナバル
  ビーチ直結型のリゾートが10月1日にオープン予定
ブエナビスタと同じタイプのヴィラが2棟オープン予定
近隣にはナイター設備完備のゴルフ場やリゾート施設あり

GBSC会員においては、ここの宿泊費は無料となります。

成田からの直行便あり(毎日1便運行、約4時間で到着)
空港から車で20~30分

>> ブエナビスタ 
  全エージェント視察済み(写真後日公開)

現在、工事は順調に進行中
10月1日にはビーチサイドが完成
(バー、コーヒーショップ、マリンショップ がオープン予定)

コテージ(ヴィラ)は10月1日までに10棟完成予定
(ここまでの完成段階ですでにフィリピン国内では最大級のリゾートとなります。)

ホテルは10月1日までに50%完成予定。スパと海に向かった3段プールは来年の3月~4月に完成予定

分譲エリアとしてモデルルームは10月1日完成予定
分譲開始については近日を予定しており(正確な日付は未定)
分譲予定地は150平方メートルで、値段は6万ドルから21区画販売予定
(但、25年のリースとなり、建物は別途費用がかかります。)
10月1日時点で仮営業開始予定

>> カマリネスノーテ・キャッスルアイランドとシールド
  すべての許認可申請済

※この地域は環境保護の問題に非常に力を入れている地域でもあり、他のリゾート開発会社は一切進出が困難な地域です。
 
しかしGBSCはすべての問題をクリアし時間はかかりますが確実にオープンができる予定
コンセプトは超ハイクラスリゾートとなります。

キャッスルアイランドにはヴィラが4棟、シールドはヴィラが10~15棟を予定
(最終的には30区画分譲予定)

キャッスルアイランドには長さ500m、幅300mの遠浅の非常に美しいビーチがあり、完成後にはGBSCのフラックシップリゾートと言える世界有数のラグジュアリーなリゾート地になります。

>> エルニド  スパ中心型リゾート
  すべての許認可申請中(地域、役所は非常に協力的とのこと) 
  

近隣に2箇所のリゾートがオープンしていますが、他のリゾート地との差別化を図るためにスパをメインとした完全なプライベートリゾートです。

自然に溶け込んだ設計でロケーションは抜群で、
エルニドはアジア有数のダイビングスポットとして有名です。

>> パラオ共和国
  現在、再々度用地買収の交渉中

※この地域は利権関係が非常に複雑な国であり、美しいロケーションにも関わらず他の大手リゾートが進出できていない地域です。

今回GBSCはヘリコプターもクルーザーも現地に調達済みで交渉がうまく進めばパラオでは初の大手リゾートになります。

>> GBSC総評
GBSCが使用する全ての運行便は不定期運行ライセンスを取得しており、他のリゾート地のようなパッケージツアーではなく完全なフリープランを実現できます。

また、スキューバ等のライセンスも宿泊中に取得可能(現在インストラクターの養成もスタートしており有能なインストラクターが揃いつつあります。)

GBSCはリゾートのオーナー企業であり、営業やオペレーションは子会社が(ホテル経営のプロをヘッドハンティング済み)行います。

したがってGBSCの会員は単なるメンバーではなく「オーナー会員」という位置付けになります。

 

オーナー会員はリゾートの無料及び優待( 確定ではありませんが、およそ30%程度の割引 ) のサービスが受けられます。

さらにオーナー会員自らが、GBSC会員以外のリゾート利用者を紹介することにより、スペシャル・ボーナスを取得することが出来ます。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://katigumi2006jp.blog78.fc2.com/tb.php/76-56ab8533